【休むのが怖い人へ】ダイエットに疲れたときの効果的な対処法5つ

長い間ダイエットを続けていると、誰しも一度は経験するあの問題。

そう、

モチベーション続かない問題。

もっと痩せたいけど、やる気がどっか行った・・・

目標までまだまだ遠いのに、どうしてもやる気が起きない。

私もダイエット中、幾度となく経験しました。

疲れているけど、ダイエットを休むのが怖い・・・

今日はそんなダイエット生活に疲れて息切れしている人のための記事。

ちなみに私がこれまでどのくらいモチベーション問題に悩まされてきたかというと、

  • これまで4回10kg以上のダイエットに成功しその後リバウンドする
  • モチベーションを上げる方法をいろいろ試す
  • 現在ゆるくダイエットを1年以上継続し、14kg痩せることに成功

これを軽く10年くらいかかってやっています。

なので何度もモチベーション低下問題には向き合ってきました。

その中で、とくに効果的だった方法を5つ紹介していきます。

こんな人に読んでほしい

・長いダイエット生活にうんざりしている人

・ダイエットをやめたい人

・疲れているのにダイエットを休むのが怖い人

目次

ダイエットに疲れたときの対処法5つ

結論からいうと、下記のことを上から順番にやっています。

ひとつずつ紹介しますね。

ダイエットに疲れたときの対処法5つ
  1. とにかく休む
  2. 好きなものを食べる
  3. 大好きな海外ドラマをみる
  4. 友達と会って外で遊ぶ
  5. これまでやってきたことを振り返る

ダイエットに疲れたときはとにかく休む

ダイエットをしているときって、痩せることで頭がいっぱいになりがち。

仕事していても、食事をしていても、運動しているときも、考えているのはダイエットのことばかりです。

はじめはいいんです。

やる気満々で始めたダイエットですから。

運動はこれをして、食事はこれを控えめに・・・

効果がでてればさらにあれこれ試したくなりがち。

ただ、長いダイエット生活には減らない時期もありますよね。

もううんざり・・・

なんのためにダイエットしてるんだろ・・・

こんなにがんばってるのに、どうして成果でないの!?

自分で自分に怒りながら、投げやりな気分になっていませんか?

私はダイエット疲れを自覚するひとつの目安として、

友達とごはんに行って、おもいっきり食事を楽しめなくなったら一休みの合図

としています。

大好きな友達との楽しい時間を心から楽しめないなんて辛いです。

そうなったらダイエットを忘れて休みます。

ダイエットすることに追い詰められていませんか?

いったん忘れて体と心を休めましょう。

疲れたときは歩かなくても、動かなくても、甘いもの食べても大丈夫

ダイエットを休むときは、なんにもせずごろごろ一日を過ごしたっていいんです。

ダイエットに疲れたら好きなものを食べよう

食事制限している人、食べたいものも食べず、友だちからのお誘いも断り続けていませんか。

パスタ、揚げ物、スイーツ、最後に食べたのいつだったか覚えてますか?

私はお肉と白いご飯が大好きです。

食事制限に疲れたときは、「糖質+脂質の組み合わせが~」とか考えずに好きなもの食べてみて。

びっくりするくらいおいしいから。

このとき大切なのは自分を責めないこと。

友達誘ってもいいです。

一人で食べることに罪悪感を感じるなら、あなたの大好きな友達を誘っておいしいものを楽しく一緒に食べてください。

「ダイエットしてるけど疲れちゃったから、おいしいもの食べたい」

ってついでに話も聞いてもらいましょ!

人に食べてるところ見られたくないという人はお家で出前なんかしてもいいですね。

食べたものが一日で脂肪になることはありません。

大体食べたものが脂肪に代わるまでは48時間かかると言われています。

今だけはダイエットを忘れて心が満たされる食事を楽しみましょう。

ダイエットに疲れたら大好きな海外ドラマをみる

これはダイエットのことを頭から完全に消し去るための方法です。

家にいるとついついダイエットについて考えてしまうので、頭をからっぽにして集中できることがおすすめです。

私は、海外ドラマや読書、大好きなバンドのライブ映像などみることが多いです。

現実を忘れて没頭できることならなんでもオッケー。

ダイエットに疲れたら友達と会って外で遊ぶ

ダイエットにストイックになりすぎると、人と会って食事をするのが億劫になりがち。

食べるもの制限されるし、外食となると相手に気を遣わせてしまうのが嫌でつい遠慮してしまったり。

そんな生活が続いていませんでしたか?

私はダイエットに疲れて休みたいときはあえて友達を誘って外に出かけることにしています。

もともとインドア派なので、家にいるとごそごそなに余計なものを一人で食べてしまったりしちゃうんですよね・・・

どうせ食べるなら、気の合う友達とおいしく楽しく食事する方が健康的。

なのでダイエットに疲れてもう嫌だ!ってときはあえて人と会う。

楽しく過ごして、おいしく食べる。

一人で食べたくもないもの口に放り込むより、気分も晴れるし、ストレスもたまりません。

これまでやってきたことを振り返る

ダイエットに疲れてしまうと、このまま休んだらダイエット前に逆戻りしてしまうかも・・・

と不安になることがあります。

長いことダイエットを続けてきて、維持するために努力し続けている人も休むのが怖くなっていませんか?

ダイエットを休んだとしても、あなたがこれまでやってきたことが無になるわけじゃない。

これまで自分で調べて、試して、汗水たらしてがんばってきたことはなかったことにはならないです。

ちゃんと知識や経験として、あなたの中に蓄積されているから大丈夫。

自分を信じて、たまには肩の荷を下ろして休みましょう。

ダイエットを休むのがどうしても怖い人におすすめの具体的対処法

疲れたらとにかく休めって言われたって怖くて休めない・・・

そんな人におすすめの方法が「週1回自分を甘やかす日を作ってみる」です。

これ、私が現在やっている方法で、今回のダイエットからやりはじめました。

これまでは自分の我慢の限界までがんばって、休むのが怖くなるまで自分を追い込んでいました。

でもそれって一生は続かない。

だから週に1回は、自分を甘やかして許す日をつくりました。

その日だけは、

  • 何食べてもオッケー
  • 運動もしなくてオッケー
  • ダラダラしてもオッケー
  • ごはん作らなくてもオッケー

一度休むとなし崩しになってしまうのが怖くて休めなかったのが、とりあえず1日と決めて息抜きをすることでかなりストレスが解消されました。

体も休めて、心もリフレッシュしてまたがんばるぞ!って気持ちになれれば万々歳です。

ダイエットを休むのは悪いことではない

これまでの自分も含めて、ダイエットを休むことが怖い人のなんと多いこと。

SNSを覗いてみれば「痩せたけどキープがつらくてもうやめたい」

「運動が辛い」

「食事が楽しくない」

と悩みにあふれています。

せっかくがんばってダイエットしてきれいになったのに、その先に待っているのが辛いばかりの生活じゃ悲しすぎる。

ちょっと肩の力抜いてみませんか?

休むのは絶対悪いことじゃないし、ダイエットが台無しになることもない。

燃え尽きるってことはがんばってきた証拠です。

しっかり休んで無理のない範囲で続けていければいい。

私も数えきれないほど、失敗して何度もリバウンドを経験しました。

結局どんなに必死でがんばれても、続けられなきゃ意味がない。

全力ダッシュでフルマラソンはできないんです。

散歩でもいいから最後までたどり着くことが大切。

最後までたどり着くにはたまに休みも挟みましょう。

これまでがんばってきたあなたなら絶対に大丈夫なんだから。

肩の力抜いて一緒にがんばっていきましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる