プロフィール

こんにちは、万年ダイエッターのヤタ(@yataLv2)です!

ヤタブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、ヤタの自己紹介(ダイエット編)をお送りします。

ヤタってどんな人?

これまでのダイエット遍歴は?

こんな人に読んでもらいたい

このブログにダイエットカテゴリーがあるわけ

について、話しています。

ヤタはこんな人です

  • 1980年代生まれの30代後半
  • 身長165センチ
  • 南の方に生息
  • 子供の時から基本ぽっちゃり
  • 性格は楽天的
  • こまかい作業や数字は苦手
  • インドア派。家から一歩も出なくてもぜんぜん平気
  • 思い立ったら即行動
  • 飽きるのも光の速さ
  • たまに根暗
  • 負けず嫌い

これまでのダイエット遍歴

運動編
  • ウォーキング
  • ランニング
  • 水泳
  • ジム通い
  • ビリーズブートキャンプ
  • ボクササイズ
  • ダイエット系DVD一通り
  • パーソナルトレーニング
  • ヨガ・ピラティス
  • 筋トレ
食事・その他
  • 置き換えダイエット一通り
  • 飲むだけダイエット系手あたり次第
  • 低糖質ダイエット
  • 朝フルーツダイエット
  • 朝バナナダイエット
  • カロリー制限ダイエット
  • 8時間ダイエット
  • ダイエットの通信教育教材
  • ダイエット外来に通院
  • エステ
  • 整体
  • ファスティング
  • ケトジェニック←New!!
  • ローファットダイエット←New!!

ひとつずつ紹介していたら朝になってしまう・・・

一言でいうと、流行のダイエットはひと通り経験してます!

食事制限も運動もこれ以上ないってくらいやってきました!

そして、どういうわけか、現状まだ太ってます★

人一倍ダイエット情報に詳しい(つもり)だったし、

人の何倍もお金も使ってるはずなのに(これはマジ)

それなのになんでまだ太ってるの?

そんなのこっちが聞きたいよ(泣)

私は自分でいうのもなんですが、やり始めたら意外とまじめな方で調べものも苦にならないタイプ。

しかしダイエットにおいて、この性格が私をダイエット沼へと導くことになるとは。

では「私がダイエット沼へ叩き込まれるまで」の開幕です。

めちゃくちゃ長いので、興味ない人はスルーしてね。

はじめてのダイエットは置き換え

  • 飲むだけサプリ
  • 怪しげな置き換えダイエット食品
  • ダイエットの通信教育教材
  • EMSの貼るだけ機械

もちろんぽっちゃり女子らしく中学、高校と痩せたいなーとは思っていました。思ってるだけだったけど。

特に行動に移すわけでもなく、女友達と楽しく笑い転げる毎日。

初めて本気でダイエットを意識したのは大学生のとき。

そう、ありがちだけど、私恋をしてしまったんです!

都会に出てきて生まれて初めて生のバンドマンに出会って瞬殺されましたw

足が長くて、顔が小さくて、ちょっと悪そうで。

そしてもちろん痩せている!!

私はというと、田舎から出てきたばかりでメガネのもっさりしたお芋さん。

そしてもちろん太っている!!

なぜこんなにキラキラした生き物の前で私は恥ずかしげもなく太っているのか。

痩せよ。

生まれて初めてまじめにダイエットしようと思ったのです。

しかし、学生時代部活で死ぬほどしごかれまくっていた私は、トラウマになるほど運動が大嫌い。

なんとか体を動かさずに痩せられる方法を調べては片っ端からお金をドブに投げ込んだのでした。

もちろん、結果が出るわけもなくキラキラバンドマンは1度会ったのち連絡も途絶えがちになりフェードアウト。

皮肉なことに、どんなにお金をかけても全く痩せられなかった私は、この失恋でごはんものどを通らなくなり2ヶ月であっという間に10kg痩せたのでした。

ま、立ち直った途端に体重もV字回復しましたけどね!

20代半ば、骨折して痩せる

  • ウォーキング
  • リハビリの一環としてエアロバイク・水中ウォーキング
  • ビリーズブートキャンプ
  • リズム系DVD

当時私は20代半ば、地元に近い地方都市に住んでいました。

山の上のマッチ箱みたいなアパートに住んでいて、原付で通勤していたところ。

車にひかれて太ももの骨を骨折。

救急車に乗せられ、骨の中にチタンの棒を埋め込まれるという大工仕事のような手術を受けました。

このとき体重70kgオーバー。

寝たきりの70kg…

自分で寝返りも打てないため、シーツを換える方も一苦労。

中にはいじわるな看護師もいて、これ見よがしに溜息つかれたりすることも・・・

それまでは「別に太っていたって自分が困るだけで、人様に迷惑かけてないし」

くらいに思っていました。

でもこのときばかりは「人に迷惑かかってるから痩せないとな~」と病院の天井を眺めながらぼんやり考えたのを覚えています。

そして私はこの先長く苦しめられることになる「あいつ」に出会ってしまうのです。

そう、奴の名は「有酸素運動」。

リハビリでは主に、

  • エアロバイク
  • 水中ウォーキング

をメインにひたすら動きまくる日々。

これらを続けること2か月。

私の足の骨がくっつくころには、これまた2ヶ月で10キロ痩せたのでした。(2回め)

運動の威力すごすぎ・・・

有酸素運動、神すぎる!!

ここから、ビリーズブートキャンプをはじめ様々なリズム系DVDを買いあさる日々。

そして職場まで1時間以上かけてウォーキング。

しっかり有酸素運動と蜜月な仲になったのでした。

有酸素運動との蜜月のあとは「ダイエット沼」

  • ウォーキング
  • 有酸素運動
  • 水泳
  • ジム通い
  • 低糖質ダイエット
  • 朝フルーツダイエット
  • 朝バナナダイエット
  • カロリー制限ダイエット
  • 8時間ダイエット
  • ダイエット外来
  • エステ
  • 整体

有酸素運動とねんごろになった私でしたが、ひとつだけどうしても納得できないことが。

「会っているときは優しくて夢中にさせてくれるのに、離れた途端に猛烈につれなくなる」

まるで悪いバンドマンだよw

有酸素運動が効果を発揮するのはやってるときだけ。

やめたら秒で元通り。

つれないな~。

そこでもっと長時間有酸素運動をすることに。

  • 職場まで1時間半かけて歩く
  • 仕事帰りに温水プールで2時間以上泳ぎ続ける
  • 夕食後1時間以上ウォーキング

続けてさえいれば、効果でるもん。当時はわりかしまじめにそう思っていました。

気力も体力も時間もお金も有酸素運動に絞り取られていく。

「こ、これ以上とられたら死ぬ・・・」

有酸素運動に限界を感じた私は、ついに新しいことを取り入れることにしました。

当時の食生活。

  • 朝食は食べないか、フルーツのみ
  • 昼は脂肪燃焼スープとサラダ、夜はサラダのみ。
  • 米はほぼ食べない
  • ひたすら低カロリーの食品を食べる

お~っと、悪い元カレ(有酸素運動)と手を切れないまま、新しい恋人(食事制限)とも付き合い始めた!

人生初の二股だ!!どうしよう!!

ふたりとも正しい方法だったらなんてことなかったのに、悪い方につかまってしまった私は、

人生で一番痩せました。

70キロ以上あった体重は気づけば54キロに。(3回目)

嬉しかったですね~

服だって普通のサイズがなんでも選べるし、周りの人からデブだってバカにされることもない。

痩せたら急に男の人が優しくなってどうしていいかわからないw

生まれて初めて、街歩いてて知らない人に「写真撮らせてもらえませんか?」って声かけられたりして(これはこれで怖いw)パニック状態。

ただこのとき私は、初めてやってきた人生の春(古い)に浮かれすぎていて、

過去最高に危険なやつがすぐそこまで忍び寄っていることに微塵も気づかないでいたのでした。

毎日毎日、低カロリーな食品を探して食べられるものを探す日々。

付き合いで飲み会なんか行った日にゃ、

「早くジム行って消費しないと」

なにも食べずに低血糖になるまで2時間でも3時間でも運動しました。

そしてまた低カロリーなものを探してさまよう・・・

今考えると完全に病気です。

そう、ヤツの名は「摂食障害」。

これまでの相手がかすむほど、凶悪でしたね・・・

これまで抑えに抑えた食欲が止められなくなり、今度は食べるのをとめられない。

やめなきゃと思ってるのに、一度食べ始めるともう自分でとめられない。

有酸素運動と蜜月すぎた私の筋肉は消え失せ、代わりに怒涛の脂肪がやってきました。

死ぬ思いで減らした体重は、気づけば3カ月で70キロ台に逆戻り。

もうダイエット成功できる気がしない30代、リバウンド沼に沈む

あまりにめちゃくちゃなダイエットで精神的にくたびれ果てて、しばらくダイエットは辞めていました。

しばらくはたまに過食したり、その後思い立って有酸素運動してみたりしていましたが、だんだんと落ち着いていきました。

その後、

  • 70キロから結婚式のため60キロまで痩せる(4回目)
  • その後光の速さでリバウンドし4年で過去最高83キロになる

ちなみにこのときのBMIは30。

BMIが30になるとどんなことが起こるかというと、

  • なにもしていないのに動悸がする
  • ただ座っているのがしんどい(腹がつっかえる)
  • 少し動いただけで心臓がバクバクしている
  • 寝転んでいないと体がつらい
  • 単純に体がきつくていつも体調が悪い

ただただ体が重いし、体調も悪い。

これは本当にヤバい。

痩せないとたぶん病気で死ぬ。

生まれてはじめて命の危機を感じました。

気休めに続けていたジム通いも、まじめにやろう。

有酸素運動して、食事制限ともより戻そう。

な~んて私が甘かった・・・

これまで4回も10キロ以上痩せてきたのに、今度はたったの1~2キロも減らすことができない!

そんなの私が超絶本気出したら10kgくらいすぐ痩せれるって思ってたのに!とか真面目に思ってました…

20代のときのむちゃくちゃなダイエットのおかげで、すっかり私の体内はさび付いた脂身になっていたのです。

周りの人たちからも「ちょ、会うたび育ってるみたいだけど・・・」なんて言われる始末。

そんな自分が嫌で、あまりに情けなくて、布団の中でこっそり泣いたっけ。

痩せたいけれど、痩せられない。

そんな日々が3年以上も続きました。

リバウンド沼から浮上、そのきっかけは?

あ~あ、もう全然痩せられないし、ごはんはうまいし、どうしようかな~

楽天家でいい加減な性格がすっかり戻ってきたころ。

本屋で、一冊の本が目に飛び込んできました。

「痩せない豚は幻想を捨てろ」

ずいぶんなタイトルだな!

でもまた、どうせ煽りに煽って現実不可能な耳障りのいいダイエット方法とか書いてあるんでしょ。

もうだまされんぞ!!

ちょっとやそっとの情報では私は動かされないからな!!

ぱらぱら・・・(万年ダイエッターの悲しい性)

 こんなタイトルの本書を開いたという事は、お前らはこれまでも幾度となく様々なダイエット法に踊らされ、そして挫折し、金と時間だけがなくなり、その割になぜか一向に減らないどころか、むしろ増える脂肪に頭を抱えてきた事だろうと思う。

痩せない豚は幻想を捨てろ

まんま、私じゃねーか!!

即お買い上げ。

要約すると、

  • 「飲むだけで痩せる~」とか「履くだけで痩せる~」とかそんなものはこの世に存在しない。
  • ただひたすら汗水たらして痩せるしかないって現実をしっかり認識して自分の頭で考えるべし!!

これで、目が覚めました。

それからさらに私の尻に火をつける出会いがTwitterで訪れます。

先ほどの「痩せない豚は幻想を捨てろ」の著者、テキーラ村上さんに触発されて1年で30キロの減量に成功したヤナマリさん(@MarieYanamoto)です。

ヤナマリさんは150㎝72キロからたった1年で30キロの減量に成功した女性です。

私は身長が165㎝だから、割合でいくと痩せる前のヤナマリさんくらい。

しかも同じ30代。

初めてヤナマリさんのビフォーアフターを見たとき、すっごい興奮した。

30代でもこんなかっこいい体(ヤナマリさんお腹割れてます)になれるんだって。

私もなりたい!!!!

よし、筋トレだ!!!!!!

これが楽天家のいいところ。

思い立ったら即行動。

かくして私はヤナマリさんのバッキバキな腹筋に一目ぼれし、懲りずにまたダイエットを始めたのでした。

これが2020年の初めごろ。

万年ダイエッター筋トレを知る、そして現在…

テキ村さん、ヤナマリさんに出会って1年。

165㎝83キロのデブからゆるく減量を続けて14キロ減(懲りずに5回目)。

実に4年ぶりの60キロ台をキープし続け今では…

と締めたいところでしたが、そう人生うまくいかないのが常なのよ。

私はこの後、筋トレで燃え尽き症候群になり、凝りもせずリバウンドしてしまい、その後もう一度10キロ筋トレで減らし(6回目)リバウンドし、現在7回目の10キロ減まであと4キロ。

自分で書いてて何言ってるかわからなくなりそw

いつまでやってんだって、思われるだろうけれど結婚指輪が入るようになって、自分が納得できる体型を維持できるようになるまではぜっっったい諦めません。

たとえ、途中で燃え尽きようが、夏が嫌で逆に肥えようが、ダイエットもうやーめたってなることはない。

馬鹿だな~って笑っていいよ。

あ、あと最近はごはんもちゃんと食べているし、昔のような無茶苦茶なダイエットはやめましたのでご安心を。

美味しく食べて、健康を維持する。

これを第一に続けてます。

ダイエットの状況や、運動などはTwitterで報告しているので興味がある方はよければ覗いてみてくださいね。

リバウンドを繰り返してBMI30になっちゃった女のダイエットをリアルタイムでお届けしております!

まだダイエット終わってないので、リバウンドから卒業できるまでまだまだ道は続きます。

と、このような遍歴でダイエットしてきた私です。

長いダイエット遍歴だったな・・・

読んでくれている人いる?

このブログにダイエットカテゴリーがあるわけ

最後にこのブログにダイエットカテゴリーがあるわけを少しだけ。

ダイエット沼にハマりこんでる人を一人でもいいから減らしたい!

これだけです。

ちまたにあふれるダイエット情報に飲み込まれて、大切なお金や時間を失ってきた人は私も含め世の中にごまんといるでしょう。

短期間でものすごい減量に成功した人もネットの世界にはごろごろいるし、すごい人も山のようにいる。

そんな中で私ごときがなにを偉そうに発信できるの、まだデブじゃん、と思われるかもしれない。

でも私、リバウンドに苦しむ人の気持ちなら痛いくらいわかる。

なにやっても成果でなくて、自分が嫌いで情けなくて、みじめでたまらない気持ち。

あんな気持ちは誰にもしてほしくない。

10年以上苦しんで、ダイエットと真剣に向き合ってきたことを無駄にしたくない。

何年やってんだよ、馬鹿だな~って思ってもらいってもいい。この人に比べたら私がんばってるじゃんって自分のこと褒めてあげればいい。

私が失敗してきたことや、抜け出せるきっかけになったこと、苦しんでる誰かのほんの些細なきっかけになるかもしれないと思ってダイエットのカテゴリーを作りました。

ま、発展途上だけどね!

なんせ、過去最大に太っちまってまだまだ折り返してもないですからね!

試行錯誤と勉強はずっと続きます。

もしダイエットつらすぎて誰でもいいから愚痴聞いて欲しい~もうやだ~!!って人がいたらTwitterのDMでもなんでもいいから連絡して。

ダイエットに悩んでる人はそれだけで同じ仲間だと思っているから!勝手にだけど!

長文、最後まで読んでくださってありがとうございました。

超長文の自己紹介(ダイエット編)これにて閉幕。