【FP資格】子なし主婦に死亡保険金1000万のおかしさに気づけますか?

  • URLをコピーしました!

自分がどんな保険に入ってるか具体的に言える?

保険には入っていても、具体的な内容までちゃんとわかっている人はそういないと思います。

なにを隠そう私も、自分の入っている保険について全く疑ったことなくただお金を払い続けていました。

なぜかって?

親戚のおばさんに頼まれて加入した保険で、いいものだから~と言われそれを鵜呑みにしていたからです。

しかし以前、保険屋さんをしている友達と話す機会があり保険の内容を見てもらったところ、

死亡保険1000万!?あんた、殺されそうになってる?

……え?これ普通じゃないの?

私のお金レベル1くらいですかね。

なにがおかしいかわからない人は、ちょっとこの先の記事も覗いっていって損はないですよ。

目次

必要な保険は人によって全く違う

自分がなんのために保険に入っているか答えられますか?

  • もしものことがあったとき子供にお金を残すため
  • 病気で働けなくなったときのため
  • 老後の資金のため

この先の人生、思いもよらない事態備えるために保険に入っていますよね?

ただこの「思いもよらない事態」って、人によってそれぞれ違う

子供が何人もいて、大黒柱として働いている人ならそれなりに備えも大きな額用意しておきたい。

夫婦ふたり、新婚さんだったら今は死亡保険より病気に備える医療保険のほうがいいかな、など。

子なし夫婦、妻の死亡保険金1000万もいる?

私のうちは夫が大黒柱で、私はライティングをしたりたまにパートに行ったりしているほぼ専業主婦の家庭。

子供もいません。

どちらかというと、死亡保険をがっつり残すよりこれから病気になったときに困らないように医療保険を手厚くしたいところです。

どう考えても死亡保険1000万もいらない。

夫いわく、「あなたの葬式代くらい出すお金くらい持ってるよ」とのこと。

ちなみに保険屋さんしている友達に相場を聞いてみたところ、専業主婦なら多くても300万くらいだそうです。

100万の人も結構いるといっていました。

やっぱりそうだよね、1000万は専業主婦には大きすぎる額だと思います。

とはいえ知識がなければおかしいことにも気づけない

正直な話、死亡保険1000万のおかしさに気づいたのはこの保険屋さんの友達がいたからでした。

でも友達が教えてくれなかったら?

ずっとわからないまま、言われたままのお金をずっと払い続けていたことでしょう。

知らないと「おかしいな」って気づくこともできないですから。

どうして必要以上の保険をかけていることを教えてもらえないのか

ここでひとつの疑問が。

あきらかに必要以上に保険かけてるのに担当さんなんで教えてくれないの?

たくさん保険かけてくれる方が査定がよくなるもん。ボーナス月は特にノルマ達成したいよね。

ということは、私は自分のリスクのためではなく保険屋のおばちゃんの懐を潤すために多額の保険をかけていたということ。

保険屋さん、信用ならねぇ…

とはいえ相手も商売です。

自分の身は自分で守らねば。社会に出て、知らなかったは通用しない。

お金の勉強しよう!!!

こうしてFPの資格を取るために勉強を始めたのでした。

FP資格でリスクに備えられる

FPはお金に関する一般的なことを広く浅く勉強できます。

「一般的なことすらよう知らん…」という人にもうってつけの資格です。

保険・不動産・相続と生活に関わりの深い知識をひと通り学べるので実生活でも役にたちますよ。

  • 自分の保険の内容を理解できるようになる
  • 家計の見直しを自分でできるようになる
  • 不動産や相続など、将来自分に降りかかるかもしれない問題に備えることができる

なにより、

もうカモられない!!!!

FPの勉強はゼロから抜け出すきっかけにちょうどいい

お金や保険のことについてなにも知らないし、どこから手をつけていいかわかない。

そんな人はFPの勉強をおすすめします。

身の回りのお金の仕組みがわかるようになるだけでも、大きく前進できますよ。

これまでなんの疑問も持たなかったことが「ん?おかしいな」とわかるようになります!

具体的な勉強法も今度記事にしたいと思っているのでよければ見ていってくださいね。

それではまた。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次