【働くの怖い】引きこもり主婦が5年ぶりに社会復帰してみた話

  • URLをコピーしました!

家が快適すぎて気づいたら5年もたっちゃった!

職業、自宅警備員です。

店員さんと夫以外誰とも話してない。

そんな私が長い沈黙を破って、社会に出てみたよ!こっそりとね。

専業主婦歴長すぎて社会に戻れる気がしない…

社会から離れすぎて、どうやって戻ったらいいかわからなくなってるそこの迷子さん!

参考までに覗いていって?

目次

引きこもり主婦が仕事をしてみようと思ったきっかけ

きっかけについてはめちゃくちゃ個人的な理由なので興味がない人は飛ばしてね。

5年もニートだったのになんで急に働こうと思ったの?

ぶっちゃけ、在宅ワークに疲れた…

去年からブログをほったらかして、Webライター業に精を出していたわけですが。

「100記事でも書いてほしい」「ぜひ継続してもらいたい」と言われ有頂天で契約したものの、フタを開けてみたら怪しい案件。

記事を渡した途端消滅するクライアント。

消耗する精神。

みんなどこいったの?死んじゃったの?

もちろん実力不足もあるんだけど、顔の見えない相手に対してあたふたするのに疲れ果てたのでした。

というわけで、ちょっと外に出てみようかなとなった次第です。

引きこもり主婦が5年ぶりの仕事に選んだのは短期の派遣

ちょっと外に出てみようかな?社会なめんじゃねーぞ!!

世の中のフル勤務でバリバリ働き続けている人達にフルボッコにされる覚悟を決めて、穴ぐらからでてきたわけですが。

ウエストゴムのリラコとテロテロのTシャツで365日暮らしていたズボラ主婦ですよ。

普通の人間にうまく擬態できるかどうか。

もはや不安しかない。

根性なしの自分を全く信用できなので、仕事探しの条件も悩む。

仕事探しの条件
  • 期間は1ヶ月くらい
  • 接客業ではない
  • 事務系作業

専業主婦になる前は、簡単な事務仕事をしていたので、事務系で短期の仕事を探すことにしました。

まずは派遣会社に登録。

このご時世なので、全てネット上で登録できるところをチョイス。

5年も仕事してなかったけど、本当に仕事紹介してもらえるのかしら…

なんせこちとら5年も無職のスーパーニート。

お前のようなニートに紹介する仕事はない!

門前払いされたらどうしよう。

私の心配をよそに派遣の営業さんはとっても優秀。

5年専業主婦だった私も、ものの5分で「年末調整の書類チェック」の仕事にありつけました。

で、どんな仕事だったかというと、

仕事の内容と条件
  • 繁忙期の年末調整の書類チェック
  • 期間は1ヶ月半
  • 月曜から金曜のフルタイム勤務
  • 電話や来客対応はなし
  • メンバーは10人ほど

ブランクが長いことが心配だったのであらかじめ、

ブランク長めでもできそうな仕事をお願いします

と念押ししておいてよかった。

とにもかくにもお仕事ゲットできました!

引き込もり主婦がとにかく心配だったこと

自分のヘタレメンタルで仕事をやり遂げられるかどうか。

この一言に尽きる。

派遣は3日でいなくなる人も結構いるよ

変わった人もいるから、深入りしすぎないようにね

友人から前もって忠告されていたことが頭をぐるぐる。

仕事が近づくにつれ不安は増すばかり。

最悪、めっちゃ嫌な職場だったとしても1ヶ月だけなんだからすぐ終わる!!

とにかく最悪だったときの乗り越え方ばかり想像していましたw

5年ぶりに働いた引きこもり主婦の正直な感想~よかったこと~

心配無用だった!!!

膨大な書類の山に囲まれて不安になってる暇がないw

仕事についていけるかな

怖い人いないかな。

見慣れない書類を扱う仕事だったので、慣れるまでは大変だったけど楽しい~!

具体的によかったことと大変だったことをあげてみる。

短期の派遣のよかったこと
  1. 人間関係の悩みがない
  2. ブランク明けにも負担が少ない
  3. 税金について勉強できる

1.人間関係の悩みがない

これ、個人的に今回の仕事で感じた一番のメリット。

10人弱のメンバーは大学生から60代までいたけど、雰囲気がよくて休み時間にはお菓子食べたり、美味しいお店の情報交換とかしてました。

一人で過ごしたい人のことをあれこれ言う人も、他人の懐事情を詮索する人もいない。

人と話すの楽しい~♪

久しぶりに人と接することが楽しいって思い出した。

普段人間関係で板挟みになることが多いので、とてもメンタルが楽でした。

1ヶ月半では、人間関係がこじれる前に仕事も終わるしね。

2.ブランク明けにも負担が少ない

今回の派遣で生まれて始めての電車通勤を経験。

通勤ラッシュに揉まれている人、尊敬しかない…

田舎者には、毎朝の通勤ラッシュは心が死ぬ…

体はもっと悲鳴を上げている!

これを毎日ずっと続けろと言われたら、メンタル折れていたかも。

一ヶ月半だけだから!!(クソデカボイス)

と心に言い聞かせればヘタレメンタルの私でも乗り切れたのは短期だったから。

3.税金の勉強になる

1ヶ月半ずーっと年末調整の書類をチェックするので税金関係の勉強になったこと。

初日から税務関係の資料を鬼のように渡され「……」となっているところに研修研修!!

周りの人は、オールマイティ事務員から、確定申告の手続きのプロまで「できる人」ばかり。

これは勉強しないとやばい

短期の仕事は百戦錬磨の派遣のプロみたいな人が多い。

足を引っ張らないようにとにかく勉強。

家に帰ってから「年末調整とは」のYou Tube動画を見て勉強。

所得税の仕組みについて勉強。

生命保険の控除や、住宅ローン控除についても勉強。

毎日毎日、とにかく勉強。

ちょうどFP2級の資格を取ろうと思い立った頃だったので、仕事と勉強内容が被っていて助かりました。

5年ぶりに働いた引きこもり主婦の正直な感想~大変だったこと~

大変だったこと
  1. 仕事に必要なものを揃えるのにお金がかかる
  2. 電車通勤が意外と大変

1. 仕事の準備にお金がかかる

久しぶりに仕事をするのに必要なもの。

  • 通勤バッグ
  • 腕時計
  • 化粧品

普通の社会人に擬態するためにはとにかくお金がかかる。

特に洋服は、憎きリバウンドのせいで現役時代のものはほぼ全滅。

全部買うのはあまりに財布が痛むので、洋服のサブスク「エアークローゼット」でなんとかのりきり。

バッグと腕時計と化粧品は楽天ポイントをフル活用して購入。

それでも仕事を始めるってお金がかかります。

2. 通勤時間が長い

生まれて始めて電車通勤したけれど、意外と待ち時間が長い。

電車に乗っている時間は40分でも家を出て職場につくまでに1時間以上かかる。

一緒に働いている人は市内から来ている人ばかり。

私が一番遠くから通勤していて、電車に乗って仕事いって帰ると一日が一瞬で終わっていました。

フル勤務で電車通勤している人たち、本当に神。

5年ぶりに働いた引きこもり主婦でも仕事はできる

フルで働いてる人からしたらぬるい体験談だったでしょう?

でも5年社会から離れていた身からすると、ぬくぬくした穴ぐらを飛び出して一歩踏み出すのは勇気がいること。

仕事についていけるかな

私社会に戻れるんだろうか

心配で不安しかなかった私でもちょっと社会に飛び出してみたら、意外と楽しく働けたよ。

もちろん仕事は忙しかったし、勉強することが多くて大変なこともあった。

けれど人と出会って話して、学んでってすごく新鮮で刺激もあって楽しかった!

ブランク長くて仕事するのが怖い人は、「できそうなことから始めてみる」といいかも。

短期間の仕事なら、「この期間だけがんばってみよう」と思えるし、ダメだったとしてもその仕事が一生続くわけじゃない。

肩の力を抜いて「えいっ」と飛び込んでみたら新しい発見があるかもしれない。

少しでも社会に戻るのが怖いと思っている人の参考になれば嬉しいです。

それじゃまたね!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる